海外旅行準備のアドバイスからチェックリストなど、役に立つ情報が満載。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時差ぼけ防止
時差ぼけ防止折角の新婚旅行です。
時差ぼけなどせず、100%楽しんでください。
そのためには、時差ぼけ防止を出発前から準備してください。いろいろな方法があると思いますが、私の時差ぼけ防止方法をご紹介いたします。


搭乗前の準備

自分の好きな食事を持ち込みます。空港のテイクアウトで十分です。
これは、機内食の時間が自分の設定時間と違ったときのためのものです。
搭乗後にまずすること

搭乗後、時計を到着する現地時間に設定します。
そして、到着地の時間を想像し、その時間にあわせて機内を過ごします。
機内での食事

時差ぼけ防止機内でのドリンクサービスや食事の時間にあわせていると、なかなか自分のペースで過ごせないものです。
機内の食事が、自分の設定ペースにぴったりなら問題ないですが、そうでなければ機内食は無視し、自分で持ち込んだ食事で、自分のペースを作ります。


お酒

機内では気圧の関係でお酒は控えた方が良いと言われますが、私の場合は、搭乗前から搭乗してからも、睡眠しやすいように、結構お酒はいただけます。
これも時差ぼけ防止の一つの方法です。

また、チェックインをする際に、座席指定があります。
ほとんどの人は、何も要求されません。
これも交渉です。
飛行機の座席によっても疲れが全く違います。
チェックインカウンターで、満席かどうか聞いてください。
満席でなかったら、隣の席が空いているところをリクエストしてください。
また、他人に起こされないような座席も考慮してください。
言わなきゃ損です。
現地到着後

到着地が朝の場合ですが、午後の3時ごろから睡魔に襲われることがあります。
誘惑に負けてここで寝てしまえば、新婚旅行中ずっと時差ぼけになります。
到着初日は大変でしょうが、できるだけ遅くまで起きていた方が良いです。
8時、9時に寝てしまうと、必ずと言って良いほど夜中の2時、3時に目が覚めます。
できるだけ引き伸ばしましょう。
11時ごろまでひっぱれるともうOKです。
まあ、みなさん新婚ですから夜は目がぎんぎんかもしれませんよね(笑)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。